Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

January 03 2016

映画『ザ・プロデューサー』の中に、確かこんな内容のセリフがある。「24歳になってもシステムに反抗しないようでは、将来大物にはなれないが、30歳になるまでにシステムの中に入っていなければ、その先マトモなことは何一つできない」
「システムに入れ」 - codemaniaxの脱・公務員宣言
昔、勝負下着というお題でコラムを依頼されて、勝負下着とはそれを相手に見せたときは勝利は確定しているものでヴァレンシュタイン曰く「勝負に勝ったときに翻る旗が如きもの」であり、下着ブランドのトリンプ(勝利)はこれに由来している。と書き飛ばしたら担当編集者が本気で感心してたので黙った。
Twitter / butayamagoriko (via tkr)
インスピレーションを生み出す5つの視点「AIUEO」
Activity:ヒトやモノの動き、流れに注目
Interaction:ヒト同士やモノとヒトの交流
User:利用者の属性、タイプ
Environment:環境、空間、施設、雰囲気、自然要素、時間
Object:機械、小物、所持品、独特なモノ、無いもの
世界最高の授業。IDEOに学ぶ「デザイン思考」の真髄──2014.3.7 Night School : ライフハッカー[日本版] (via sakuraya-chatoran)

December 13 2015

むかし、サイゼリアの正垣泰彦会長に取材させていただいたことがあります。きっと、世間的なサイゼリアのイメージは、「激安イタリアンのファミリーレストラン」なのでしょうし、それはひとつも間違っていません。ミラノドリア299円、ペペロンチーノ299円、マルゲリータ399円、そしてグラスワイン100円。メニューを開くと、冗談みたいな価格が並んでいます。では、サイゼリアにとっての看板メニューとはなんなのか。正垣会長の答えはかなり意外なものでした。サイゼリアでいちばん人気のある商品は、ピザでもパスタでもなければ、ハンバーグでもない。そんなものは「どの商品が売れたか」の指標に過ぎず、そこを見ていては、いつしかレストランとしての姿勢がブレてしまう。サイゼリア最大の人気商品は、白米である。なぜなら、われわれが考えるべきは、「実際にお客さんの口に入った量」なのだ。いかにイタリアンを提供するレストランとはいえ、大半のお客さんはセットでライスを注文する。ハンバーグとライスを一緒に食べる。どんなにおいしいハンバーグでも、毎日食べることはできない。けれども、おいしい白米は、毎日どころか毎食だって食べることができる。だからサイゼリアでは、契約農家と協力し、田植えから収穫までを一括管理した上でお米をつくっている。精米も自社でおこない、「お米は、精米から何時間後に炊くといちばんおいしく炊きあがるのか?」というデータも出して、その時間にあわせて炊飯するシステムもつくっている。要は「おかず」には流行があるけど、「ごはん」にはそれがない。ほんとうのリピーターを呼び、お店を育てるのは、いつだって「ごはん」の魅力なのだ。……そうおっしゃるわけです。
あそこのお店の看板メニュー|古賀史健|note (via tatsukii)

November 09 2015

「3.11以後」とか言ってる人、「インドに行ったら人生が変わった」とかと全く変わらない
Twitter / subnacchi (via igi)
歴史の本を読んでいるけど、縄文時代がまさか一万年もつづいていたなんて思わなかった。教科書ではさらっととばしてしまったからすぐ弥生土器が広まったものだと思っていた。一万年という果てしない長い時間の中でずっとドングリを煮る…。いったいどういうことなのだ…。
Twitter / tajimaparticle (via yellowblog)
2560 25db
床屋がずっと喋り続けるのは、刃物を持っている自分が健常な精神状態にあることを客にわかってもらって安心してもらうためだと聞いた。床屋のお喋りが次第に常軌を逸してくるのを感じたら、どのタイミングで逃げればいいのだろうか。
Twitter / PsycheYukiko (via the-pica-has-lots-of-dreams)
2639 f836 500

November 08 2015

性格は捨てられます。人は成長していくと「昔は必要だった性格」が「今は必要ではない性格」になります。今は必要ではない性格に振り回されて今必要な性格を得られないなどというのは本末転倒です。必要ない性格など捨ててしまった方が楽になれます。

『昔は、こんな人ではなかった』と言われるかもしれません。しかし、それは他人からの視点であり、その人の評価にしか過ぎません。このようにあってほしいというのは他人が決めることではありません。このようにありたいいうのは自分が決めることです。

性格は捨てられる 士別れて三日なれば刮目して相待すべし - keitaro-news (via mcsgsym, atasinti)

mcsgsym renafuka から リブログしました

(via tataraseitetsu)

(via unitribal)

2698 86a8

November 07 2015

actualdogvines:

“Sharing is caring 💙”

Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl